うつの原因となるストレスについて知ろう【自分で状態を把握する】

長引いたら入院治療を

ハート

規則的な生活リズムが大事

治療において休養をたっぷり取ることが重視されるうつ病ですが、軽症の内に治療を開始すれば、仕事を休まずとも通院のみで回復が可能です。でもそれには個人差があり、ずるずると治療が長引く人もいます。その場合は入院治療に切り替えて、集中治療を受けるのも一つの方法です。入院を勧められるのは重症の患者が一般的ではあるものの、軽症や中等症でも休養が取れない人は入院することで生活リズムが整えられ、人間関係や仕事のストレスからしばし離れられます。また、服薬時間も規則的になり、常に一定の成分が体内に入っている状態をキープできます。通院治療でもこの状態に保つことが重要なのですが、実際には中々守れる患者が少ないのが実情なのです。入院生活では、食事と睡眠を規則正しく取って、散歩などの運動療法を行っていきます。自宅療養の場合、近所の目が気になって引きこもりがちになる人は少なくないですが、入院中は人目を気にせずに散歩ができるため、内に向いていた気持ちを外に向けるのに役立ちます。それから、家族との関係がうつ病の慢性化に影響している場合は、入院によって距離をとることで関係が良好化する可能性があります。新たな治療戦略として家族療法などを取ることも可能です。それに、周囲に自分と同じ病を持つ仲間がいるということは強い励みになるでしょう。身体の病気とは違ってはっきりした症状が出ないうつ病は、受診のきっかけを中々掴めないかもしれません。気分が優れないからといってすぐに受診する人は少なく、ある程度症状が進んでからやっと医療機関の門を叩いたという人は多いのが現状です。早期に治療を開始したほうが回復は早く、再発の可能性も低いと言われています。抑うつ状態といった精神的症状のほか、睡眠障害や食欲低下による体重減少、自律神経症状が出ている場合は受診してくだい。睡眠障害では早朝覚醒が多く、自律神経症状では疲労感や頭重感などが挙げられます。うつ病の治療は精神科や心療内科で行っていて、どちらを受診すれば良いのか迷うかもしれません。もし精神的な症状にはっきりとした自覚があるのなら精神科を、身体的な症状に強い自覚がある場合は、心療内科を受診するといいでしょう。医療機関によっては両方の診療科を標榜しているので、困ったときはそういったところを探す方法もあります。初診では日頃の症状やストレスになっていることなどを細かく聞かれるため、予めメモしていくといいかもしれません。よく聞かれる質問に、症状が出始めた時期や睡眠の状態、一番調子の悪い時間帯などが挙げられます。そのほか、人に会うことに関してや楽しめることに関してなども聞かれます。

Copyright© 2018 うつの原因となるストレスについて知ろう【自分で状態を把握する】 All Rights Reserved.