うつの原因となるストレスについて知ろう【自分で状態を把握する】

電話で予約する時の流れ

レディ

豊富な治療方法と値段

来院する人の待ち時間を少しでも減らすことから、多くの精神科では予約制が採用されています。そのためうつ病の治療を受けたい時は、前もって病院に連絡して、予約を入れておきましょう。診察予約は電話で行えるので、診療時間内に連絡を入れ、初めて受診するなら初診であることを伝えます。そして、うつ病の治療を受けたいなど、精神科を利用する受診目的も伝えてください。ここから先は各医療機関によって若干異なり、そのまま診察日時の調整に入る病院もありますが、現在の病状を尋ねるクリニックも少なくありません。例えば、いつ頃からどんな症状が出ているのか聞かれますので、予約の電話を入れる前に、簡潔にまとめておくと良いでしょう。重症患者や依存症を伴う場合など、精神科によっては対応できない症状もあるため、その確認も含めて質問される場合があります。伝えた症状から受診の妥当性が認められれば、初診日時の調節が行われますから、予約可能枠から好きな日時を選びましょう。また、ネット予約が可能な精神科も増えていますが、中にはネットからの申込は仮予約に留まるケースもあります。その場合、申込後に病院から折り返し掛かってくる電話に出て、確認が取れてから、予約が確定されるといった流れです。そこでネット予約を行う際はこの点に考慮して、医療機関の営業時間内に連絡がつく電話番号を入力しておきましょう。1回目の診察では初診料が必要なため、うつ病の治療ではおよそ3千円掛かりますが、2回目以降はその半額程度で済みます。投薬治療を行う場合は別途薬代が必要ですので、保険の3割負担であれば、1回あたりの費用は合計で3千円から6千円程度です。そして、薬物治療で成果が出にくい症状でも効果を見込めることから、精神療法も人気が高く、50分から1時間程度で1万円前後が多くなっています。30分なら4千円前後から受けられる場合もあるなど、精神療法は基本的に自費治療なので、各医療機関の裁量で値段が決められているのです。同様に、薬が効きにくいうつ病でも改善を期待できることから、TMSと呼ばれる磁気刺激療法も好評になっています。実施している精神科が潤沢にないため、各クリニックは予約で埋まっていますが、料金は1回あたり1万円から3万円程度です。そのほか、ホルモンバランスや自律神経を整えるなど、うつ病治療でも数々の効果を望めるので、プラセンタ注射が注目を集めています。使用するプラセンタの種類や注入量でも値段は上下しますが、皮下注射なら千円から3千円前後でも受けられるのが人気ポイントです。さらに、直接的な治療方法ではありませんが、セカンドオピニオンも注目されています。うつ病でもインフォームドコンセントが普及しているため、主治医以外の見解を聞けることが評判となっており、1時間程度の相談なら費用は概ね1万円前後です。

Copyright© 2018 うつの原因となるストレスについて知ろう【自分で状態を把握する】 All Rights Reserved.